努力の種類。お金と恋愛に対する学びが悪印象なのはなんで?

SNSでシェアする

努力の種類

しばぞーです。

努力。。早くも壮大なテーマにしてしまい、わなわなしてます。笑

努力をするかしないか、あるいはどのように努力をするべきなのかといった議論って様々なジャンルで出てくるものですよね。スポーツが上手になるための努力、受験に合格するための努力など色々。

それらが上手くいかなかった場合は、努力が足りなかったとか、そもそも方法が間違っていたとか指摘されたり自ら気付いたりしてまた向上しようとすることでしょう。

一般的に努力はするべきであり、美徳でもあります。頑張っている姿は少なからず良い評価に繋がるでしょう。僕もそう思っています。しかし、”努力の種類”によっては良くないイメージをもたれるパターンもあると感じます。

スポンサーリンク

お金と恋愛に対する学びは悪い印象を持たれるのはなんで?

この2つのテーマはあまり努力の対象にはならないのはなぜでしょうか?多くの人、特に若い人の悩みってこの2つがうまくいけば解決することばかりじゃないですか?違う?笑

言い過ぎかもしれないけど人生の大きなテーマであることは間違いないと思います。それなのに、セコいだの必死すぎだの冷たい扱いをされがちなテーマです。

でもお金や恋愛こそ過去の失敗などから学んで向上すべきなんじゃないの?って思います。平等ではないのだから尚更。お金の話は学校で教えるべきとも思うけど学校じゃ教えてくれないので自ら学ぶしかありません。何せ、学校の先生はむしろビジネス等から遠いところにいて教えられる人はほぼいないでしょうからね。

お金だったら、そもそもお金って何?って所から使い方までを見つめなおしたり、ある程度余裕があるなら投資など運用を考えたりしてもいいかもしれません。もちろんリスクはあります。でも経験による知識がないよりあったほうが良いはずです。

ギャンブルとかFXとかはまた別ですが。。。

お金の価値観を変えてくれた本

お金の話は汚いというある種の洗脳が蔓延していますが、そんな考えを変えてくれる本を紹介します。藤野英人さんの”投資家が「お金」よりも大切にしていること”という本です。

「日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目」という鋭い指摘に何も言い返せませんでした。我々のマインドを見直すきっかけになる1冊なので読んでいただきたいです。

恋愛でも過去の反省から学べることがたくさんある

恋愛に関しても日常のコミュニケーションと同様に、いかに相手を楽しませるか、自分をどう見せるかといった事を考え直して実践すべきです。

恋愛に対してファンタジーめいたものを抱いて「とにかくがむしゃらに愛していればいつか振り向いてくれるだろう」といった考えを持っている人ほど大抵うまくいっていないです。そしてルックスなどを言い訳にしてまたリセット。

はい、ちょっと昔までの僕です。。非モテコミットってやつですね、反省しています。。笑

非モテコミットについては詳しくはこちらの記事へ

長々書きましたが納得していただけたでしょうか?

僕もまだまだ発展途上中です。何か発見があったらシェアします!

ではでは。

The following two tabs change content below.
しばぞー

しばぞー

音楽・読書・旅行・運動・新しいものが好きな94年秋田生まれです。 大学卒業→長野の旅館など2箇所で勤務→フィリピン留学→独学→駆け出しWebエンジニア(フロントエンド)という不思議なキャリアを歩んでいます。 顔に似合わないひねくれ者です。